2018/01/22

カルシウムで 骨の老化を防ぐ

女性ホルモンの分泌が減少する40代頃から骨密度は低下する傾向に。効果的にカルシウムを摂り、若々しいカラダをキープしましょう。
カルシウムは骨や歯を構成する他、血液中などに存在し、精神を安定させたり、筋肉を収縮させたりする働きがあります。体内のカルシウムが不足すると骨や歯がもろくなってしまうのは、血液中のカルシウム濃度を一定に保とうとするために、骨や歯からカルシウムが溶け出してしまうからです。

女性ホルモンのエストロゲンは、骨からカルシウムが溶け出すのを抑制し、骨霞を正常に保つ働きがありますが、エストロゲンの分泌が減少してくる40代頃からは、骨密度が低下する傾向に。閉経後は骨密度が急激に減少し、骨粗鬆症になりやすくなります。

このことは将来寝たきりを招き、健康寿命を短くする原因の一つとなりますり40代頃からは、特に意識してカルシウムを摂ることが必要です。

さらに更年期世代は仕事や家庭などで様々なストレスを抱えやすい年代。ストレスを感じると、体は防御反応として抗ストレスホルモンを分泌します。

これはカルシウムの排出を促し、骨形成を減少させる作用があるため、骨密度の低下に拍車をかけてしまうのです。将来の骨粗鬆症を予防し、いつまでも健やかな生活を送れるよう、今からコツコツとカルシウムを摂っていきましょう。

カルシウムが豊富な食材というと乳製品や魚などを思い浮かべがちです机動物性食品の摂り過ぎは脂肪の摂り過ぎにつながる可能性があります。
植物性の食材からでも十分にカルシウムを摂ることができ、また、カルシウムの捌又を高めるビタミンやミネラルなども同時に摂ることができます。
カルシウムとマグネシウムのバランス
関連記事

コメント

非公開コメント