2017/12/26

ぱらぱら炒飯を食べたい!3つの注意とレシピ

4953f14714cfcb7b1de4f79d2d26b990_s.jpg

中華料理の定番メニューは「チャーハン(炒飯)」。その名の通り、炒めた飯に味付けをする料理ですが、ご飯の仕上がりがべちゃっとしてしまったり、ダマになってしまったり、意外と難しい料理でもあります。

名店の味をと思って中華料理屋さんの炒飯を食べると「これ!これ!」と思うのですが、自宅でつくると同じようにべたっとした仕上がりになってしまいます。
そこで初心者でもこの3つさえ抑えればプロ級の仕上がりになるという「パラパラ炒飯」の作り方を紹介します。
  1. 冷めたご飯でつくる
  2. 火加減は強火
  3. 具材は少なめに
大事なポイントを3つに絞りました。ネットなんかにはいろんなノウハウが紹介されていますが、私が中学~現在まで(44歳)行った中で一番再現性があると感じた3ポイントです。
1の「冷えたご飯でつくる」というのはかなり昔から言われていることですが、炊きたてのご飯には水分が多く、お米同士がくっつく原因になります。冷やご飯を電子レンジで1分~2分ほど加熱して、水分を飛ばし、ほぐれやすくしておくと、パラパラとしたチャーハンが作れます。炒める前にレンジで30秒チンします。

2の火加減は強火ですが、これは強火で一気に完成させます。出来るだけ高い温度で具材の水分をさっと飛ばせる強火が必須です。お店と家庭用のコンロではモノが違います。
3の具材は少なめには、卵、ネギ・チャーシュー・ニンジンなど3種類くらいがおすすめです。具材が多いとその分、水分量も増えるので、お米がべたつきやすくなってしまうためです。また具材に水気の多いものは、しっかりと水気を切ってから加えるのも忘れてはいけません。




材料(2人分)

  • 温めたご飯…茶碗2杯分
  • 卵…2個
  • 長ネギ…1/2本
  • 厚切りハム…20g
  • サラダ油…大さじ2
  • 塩…少々
  • こしょう…少々
  • 料理酒…小さじ1
  • しょうゆ…小さじ1
  • 和風だしの素…小さじ1

手順

  • 長ネギをみじん切りにし、調味料と混ぜておきます。ハムを5mm角ぐらいに切っておきます。
  • フライパンを強火で十分にあたためてからサラダ油をひきます。しっかりフライパンが温まってから油を入れます。最後まで強火で調理します。溶いた卵を入れ、半熟になるまで炒めます。
  • 半熟の卵に温めたご飯を加え、お米一粒一粒にご飯が馴染むように混ぜながら炒めます。
  • ご飯がパラパラになったら、混ぜておいた調味料と長ネギ、ハムを加えて炒めます。
  • 調味料が馴染んだら、フライパンを火から降ろし、盛り付けて完成です。

関連記事

コメント

非公開コメント