2017/08/25

老眼は老化によるものではなかった

老眼」とは、遠くのものは見えるけれど、近くのものが見づらくなるといった、目のピントを合わせる機能が衰えた状態のことです。この「老眼」という名称のせいで、「年をとるとなるもの」というイメージがありますが、老眼は、決して目の「老化」ではありません。

もし、老眼が本当に、年をとれば誰でもなるものなら、私は今年61歳になりますから、老眼でなければいけませんよね。ですが実際は、視力1.0を維持しており、老眼の兆しもありません。

私の治療院の50代以上のスタッフたちにも、一人も老眼の人はいません。老眼は、年齢を重ねると誰でもなる「しかたない症状」ではないのです。

ちなみに、「近視の人は、老眼になりにくい」といわれることがありますが、残念ながらそれは間違いです。これは、近視と相殺されて、発見が遅れるだけ。近視になる時点で、すでに目が弱っているということであり、いざ老眼になると、その進行スピードは通常よりも速いので要注意です。

老眼の症状がでると、「とうとう自分も老人の仲間入りだ」とがっくりと肩を落とし、気力を失い、一気に老け込んでしまう人が少なくありません。

新しいことにチャレンジしなくなると脳にも刺激がいかなくなり、極端な話、認知症になるリスクも高まります。防げるなら防いだほうが、心の健康のためにもいいのです。

さて、老眼になる原因が、目の老化でなければ、いったい、なんなのか?「本当の原因」については、あらためて紹介します。とにかく、「目が必要としているもの」をしっかり供給してあげれば、目に見えて効果がでやすいのが老眼です。ぜひ、希望を持ってください!

アサイーベリーで老眼が改善|Review
関連記事

コメント

非公開コメント