2017/08/22

目と肝臓の意外な関係性

私たちの体の各器官は、お互いに助け合って、その働きを維持しているれは、「内臓同士」に限ったことではありません。

中医学では、エネルギーの通り道である「経絡」が、五臓(肝臓・心臓・脾臓・肺臓・腎臓) と体のあらゆる器官(目、鼻、耳など) をつなげていると考えます。

たとえば、耳は「腎臓」、鼻は「肺」、そして、目は「肝臓」と深くつながっているとしています。
これにのっとると目にトラブルが起蕾たら、「肝臓」が弱っていると考えられます。

もし、耳が聞こえづらくなつたら「腎臓」が疲れているとみなします。そして、弱った目や耳だけを治療するのではなく、それぞれに関係の深い臓器をも治療することで、回復をはかることができるのです。

多くの医学情報は、この中医学の知識に基づいている面があります。ですから、一見、「目」とは関係のないところを刺激する体操をすすめていても、ちゃんと深い意味があるのです。

肝臓を元気にするための知識
関連記事

コメント

非公開コメント