2017/01/25

沖縄のパラミツの免疫調整作用 皇林にはパラミツが含まれています

インドやタイなど東南アジアで生育しているクワ科の植物「ジャックフルーツ」。沖縄の一部にも生息し、パラミツと呼ばれています。

99c01899b55c41525d53b6a4dacf7d4a_s.jpg


10~20キロもある巨大な果実は、果物の中では世界一の大きさといわれています。熟した果実は独特の甘い香りとさわやかな食感が楽しめます。

沖縄のパラミツの種子から抽出・加工されたレクチンたんばく質「ジャカリン」はIgA腎症の悪化防止に役立つかもしれません。IgA腎症は、わが国で最も高頻度の糸球体腎炎になります。日本のほか、東南アジアでも多く見られる病気です。

原因は解明されていませんが、IgA腎症の患者さんの半数以上は、血液中の免疫グロブリンIgAという物質の濃度が通常よりも高く、腎臓の糸球体への沈着量も多いことがわかっています。

自覚症状があまりないため、治療が遅れてしまうケースも少なくありません。最近の研究で、ジャカリンには過剰な-IgAを減らす働きがあることがわかりました。

人間の白血球細胞に添加した結果、T細胞という免疫細胞に働きかけて、免疫全体のバランスを整えていたのです。今後も試験を続けて、製品化の実現をめざします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】皇林37.5g(250mgX150粒)【smtb-T】【05P03Dec16】
価格:14904円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)




太陽の恵みと肥沃な大地に育まれ、無肥料、無農薬で自生する植物を原料に漢方の考え方から生まれた「皇林」

皇林の原材料は、ジシバリ・ノミノフクスマ・ヨルガオ・アメリカ船具草・ミカンの種・クワ・シロバナセンダングサ・キンセンレン・パラミツ・ベニバナボロギク です。
関連記事

コメント

非公開コメント