FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/29

ガンを死滅させるフコイダン

フコイダンは、20世紀のはじめ頃に昆布のぬめり成分のひとつとして発見され、20世紀の終わり頃には日本癌学会で、昆布に含まれるフコイダンがガン細胞に働きかけガン細胞を自殺させる現象を起こした、と発表されました。この現象はアポトーシスといわれますが、ガン細胞だけに働いて正常な細胞には影響をほとんど与えないことも明らかになっています。


こういう情報を目にするとやっぱりできるだけ質のいいフコイダンをたっぷり摂ることができればガンを撃退できるのでは?と思ってしまいます。

手軽に濃度の高いフコイダンを


乾燥コンプには、1グラムあたり数十ミリグラムの「フコイダン」が含まれています。フコイダンをたくさん体に取り入れるには、本来、大量のコンプを食べなければならないところですが、コンプから抽出された成分そのものを取る方法もあります。

沖縄料理ではコンプと豚肉の妙め物「クーブイリチー」などが有名です。この料理のようにビタミンBたっぷりの豚肉との組み合わせは味も栄養も相性バッグンです。
いくらフコイダンがすばらしいといっても日々コンプを極端に大量に食べ過ぎるとヨードが過剰になるという問題点もあります。そこで抽出されたフコイダンだけを利用する方法もあります。

フコイダンの特徴と利用法


コンプそのものを食べるのと違い、抽出されたフコイダンはヨードが取り除いてあるのが最大の利点です。また、生のコンプの独特の臭みが苦手だという人のために、コンプの生臭さも取り除いてあり、これは本当に大量摂取するには便利なものです。

フコイダンの成分だけを抽出したものには液体ドリンク状のもの、錠剤のものもあり、こちらも用途に応じて使い分けることができます。
他にも、フコイダンはタンパク質と相互に作用し、粘りを生じたり固まったりする性質があるので、今後この特性を生かした製品もでてくるかもしれません。

すでに、フコイダンをゼリーに取り入れた洋菓子もありますし、フコイダンを使ったジュースも販売されるようになっています。豆腐や麺類などの企画もよく耳にしますし、フコイダンを利用した化粧品も登場しはじめています。今後はますますバラエティー豊かにフコイダンが身近になるかもしれません。

これからの期待


現在のところ、フコイダンを抽出したものは比較的値段の高いものが多いです。やはりコンプから有効成分だけを抽出するためには、それなりの技術とコストがかかります。大量生産できない分、値段がある程度高いのは仕方のないことなのかもしれません。

しかし、フコイダンの持つさまざまな有効性が着実に認知されはじめており、今後はさまざまな食べ物に添加される機会も増えてくることでしょう。需要が伸びれば、やがて値段も相応なものに落ち着くのではないかと思います。いつでも需要と供給のバランスが経済の条件です。

そのこともさることながら、フコイダ舶ンの存在を知らない人がコンプの有効性を知るようになり、そのことでこの分野の研究にますます拍車がかかっていくことが一番何よりです。

解明されたといっても研究はまだ緒についたばかり。こうした研究を1つの潮流にするのはひとえに大衆の方々の医療と健康への関心こそが最大のエネルギー源です。

今後、フコイダンがもっともっと多くの方の身近なものになるように願ってやみません。

フコイダンの効能、効果はこちら。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。