2016/04/23

血糖値を下げる 皮ごと発酵たまねぎ「たまねぎ物語」のケルセチンの効果と口コミと使用感

糖尿病の特効食品の代表の食材として代表的なのは、ごく身近にある玉ネギです。特に最近、玉ネギのポリフェノールの一種である、ケルセチンの血糖改善作用がに注目が集まっています。
もともと、ケルセチンが毛細血管の血液の流れをサラサラにするとは、以前からよく知られていました。加えて最近報告されたのがケルセチンには血管を若返らせる効能があるということです。

大学の調査では、玉ネギエキスを1ヶ月間摂取した後、実験参加者の血管内皮(内側) の機能が回復。血管年齢が10~20歳も若返ったことが確認されています。

そんなタマネギを実際に使用してみての効果や使用感です。
関連記事

コメント

非公開コメント