FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/12/25

柿は体を冷やす?

くっきりとした青空をバックに、柿が枝に一杯に赤い実をつけている光景は、秋のおなじみの風景の1つです。昔から、柿は生だけでなく、干し柿としても愛されてきました。

皮をむいて縄に通したり竹串に刺したりして、軒一杯に、すだれのように干し柿が干してある光景が懐かしく思う人も多いことでしょう。地方に行くとまだこういった景色が見られ、何か、ほっとするような気分がします。

ところで、柿は、かつては自然の大切な甘味料ででした。柿を使った菓子の1つで、今も名産として残っている、岐阜県の柿羊彙は素朴な甘さでとてもおいしく1回食べるとまた食べたくなるあじです。

大垣という地名も、もともとは柿が多かったので「大柿」でした。昔の人は貴重な甘味として楽しんだのだと思われます。・さて、柿のもつ栄養素は大変に優れています。

まず、多いのがビタミンCで、これは、柿1個を食べれば、1一日に必要とするビタミンC がとれてしまうほどです。そして、今話題のβカロチンが豊富なことも重要です。

甘柿では、100グラム当たりビタミンA効力に換算して、ベータ・カロチンは65I U (国際単位の略。効力を表わす) も含まれています。

ビタミンA、C とも酸化防止作用が強いので、体内で脂肪酸が酸化して、老化や発ガンにつながるのを予防してくれます。

この他、柿にはカリウムが多く、また、不足しがちな食物繊維も大変豊富です。とくに干し柿は、1回に食べる食品からとれる食物繊維の量としては、食品の中でトップです。

それに、柿にはタンニン系の物質が含まれています。このタンニン系物質は、ガンの予防に役立つということで、最近、大いに注目されている物質です。

昔から地方によっては正月の鏡餅に串柿が添えられたりしていたのは、経験的に柿が体にいいことを知っていたと考えてよいと思われます。

柿は東洋の果物ですが、日本の柿はとくに味がおいしいのです。柿を食べると体が冷えるなどといいわれることもありますが、これは、渋柿を熟柿にしたものをたくさん食べて、タンニンを多く取りすぎたために、タンニンと鉄が結合して、鉄の吸収が妨害されて貧血になった例があるからだと思います。
柿を食べると酔いが醒めるともいわれます。これは、カリウムが多いので、尿の排泄が促され、アルコール分が早く体外に出てしまうためです。食べ過ぎなければもちろん大丈夫です。

柿が赤くなると医者が青くなるといわれるほどのすばらしい果物です。
最近は、長野県の市田柿がとても有名です。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。