FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/04/05

糖尿病と決別できる「テンペ菌発酵茶」

血管内であふれた糖は、血管、内臓、神経をむしばんでいく

糖尿病になると、過剰に増えた糖により血液はドロドロになり、血管にダメージを与えるだけでなく、神経や臓器をジワジワと損傷していきます。。毎年1万人以上が脳卒中や心筋梗塞で命を落としていますが、その影には糖尿病が潜んでいることも指摘されています。

また、進行すると三大合併症(糖尿病性網膜症・腎症・神経障害) などを招くことに。糖尿病の予防・改善には、食事の見直しが必須となります。とはいえ、長年身に付いた習慣を変えるのは容易なことではありません。頭でやらなければ!とは強く思っても行動が伴いません。
しかも、努力に見合った結果が得られるとは限りません。
そこで注目されているのが血糖コントールに役立つお茶。ほかの食材よりも日々の食事にスムーズにとり入れられ、無理なく継続できるのが最大のメリットです。

現在、糖尿病によいお茶が続々と登場していますが、選ぶポイントはズバリ「本当に糖尿病に効果があるのか?」です。

使われている茶葉の種類はもちろん、臨床的な裏付けなども確認すべき点です。また、口にするものなので、安心・安全にもこだわって「厳しい目」で選ぶことが大切です。

そこで高血糖の改善に効用のある8種類の天然茶葉をブレンドした「テンペ菌発酵の薬草茶」です。

糖尿病と闘う多くの方が飲んできたという高い実績を持つお茶は、血糖値の上昇の抑制にダイレクトに働く茶葉にあります。
  1. ギムネマ・シルベスタ
    ブドウ糖の吸収抑制作用を持ち、血糖値の急上昇を防ぐ
  2. ヤーコンの葉
    インスリンの分泌を促す
  3. 青銭柳
    インスリンの補酵素として働く亜鉛が豊富
  4. グァバ葉
    糖質の変化を抑制さらに、3種類の茶葉を配合。
  5. クコの葉
    血管を強化するルチンを多量に含む
  6. クマ笹
    血液をさらさらにする
  7. 柿の葉
    血管壁を保護する
「テンペ菌発酵の薬草茶」は糖尿病を着実に改善する茶葉のみ厳選、それぞれの働きを補って、その効果を高めるように最善のバランスで作られています。
ですから、血糖値の抑制はもちろん、ドロドロ血液の解消や血管の強化、血流の促進にまで働きます。合併症の予防や改善にも役立ち、糖尿病からの脱出を助けてくれるのです。

「テンペ菌発酵の薬草茶」は、「テンペ」 というインドネシア伝統の発酵食品で茶菓を発酵した後、倍煎しています。この独自製法で、有効成分の分子量が小さくなり、腸壁からの吸収が格段に高まりました。

これで、8種類の茶葉の効能を余すことなく体内に取り入れることができるのです。また、発酵過程でアミノ酸やビタミン類が増える、茶葉の味わいがまろやかになるなどの作用も認められています。





実際にテンペ菌発酵茶を飲んで糖尿病がどう改善されたかを紹介しているレビューサイトもあります。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。