FC2ブログ
2014/05/17

肉の冷凍時の注意点

「解凍した肉は、やっぱり味が落ちる…」そう思っているなら、冷凍の仕方を見直してみるといい。もしかして、買ってきた肉をパックごと冷凍庫に入れていないだろうか?

それが習慣になっていたら、味が落ちるのも当然。なぜなら、冷凍の足を引っ張るのは「空気」。スーパーで買ってきた肉は、たいてい発泡スチロール製のトレーに乗っているが、その状態では、お肉とラップの間に空気が入る。そのまま冷凍庫に入れれば、空気をたっぷり詰め込んで凍らせることになってしまう。

するとどうなるかというと、空気中の水分が凍って霜になる。それが肉に付着して霜だらけになり、酸化が進みやすくなる。肉が固くなる。しかも、パックのままでは冷凍に時間がかかるという悪循環。その結果、肉の品質は格段に落ちてしまう。肉も、コンパクトにしてスピーディーに凍らせることが鉄則。そこで、冷凍するときは市販のトレーから必ず取り出すこと。早く凍るように肉は小分けにし、薄く平らにのばしてからラップでぴちっと包む。とにかく、空気に触れさせないことが第一。

これをフリーザーバッグなどで密閉してから冷凍庫に入れれば、酸化と乾燥を阻止してうまく冷凍できる。せっかくのおいしい肉を台無しにしないよう、できるだけ早く、正しい方法で冷凍庫に送ろう。

挽肉の場合は炒めてから
関連記事

コメント

非公開コメント