FC2ブログ
2014/04/27

手軽に自宅で家庭菜園

忙しい日々の中で、食事の軽視も進む現代。家族それぞれが食事の時間がズレていたり、時間やお金で足りない大切な何かを得ようとしている現代人にとて土や植物に触れて育てる家庭菜園が、こうした生活に欠けている「大切な何か」を取り戻してくれるかもしれません。

食べることだけではない

家庭菜園の魅力や楽しみは、次の4つにまとめられます。1つ目は、一生懸命頑張って世話をして育でた野菜が、収穫できるという喜び。
2つ日に、土と親しみ自分で安心安全な野菜をつくって、それを食べられる喜び。
3つ目が、四季にそって栽培することで、季節にあった旬の野菜を知り、自然を感じることができる喜び。
4つ目は、野菜づくりを通して、人と人とのコミュニケーションづくりの手段ともなり、人問関係を築くことができる喜びがあります。

土や植物に触れて育てることにより、視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を刺激し働かせて感性を豊かにするとともに、精神的なストレス解消にもつながると思います。

さらに、子どもと一緒に育てた野菜を食べるとき、「おいしいね」とやさしく言ってあげることで「自分が育てた」という意識を育みます。
また、野菜づくりを通して働くことで得る喜びを学びます。さらに、野菜に対する思いの変化が、野菜の苦手な子どもの気持ちを変え、自分が育てた野菜なら食べられるようになったりと、まさに食育そのものといっでもよいと考えています。

野菜は畑でつくるものと思われがちですが、野菜の種類によって、自宅のベランダなどの限られたスペースに置けるプランターでも育てられる野菜は少なくありません。
プランターでの栽培のメリットは、最近増えてきたミニ品種の野菜を育てるのに適しており、収穫までの期間が短く手軽にできるという点にあhノます。種から育でるものもありますが、苗があるものは宙から育でるほうが育てやすいので、オススメです。

関連記事

コメント

非公開コメント