FC2ブログ
2012/05/15

家庭菜園初心者が小松菜をプランターで育てる方法

家庭菜園といったらまずは葉ものからはじめたいと思うのが初心者です。ほうれん草はゆでるとあっという間に栄養分が水に流れてしまうので、小松菜がいいですね。
カロテンやビタミンCといった抗酸化成分をほうれん草と同等程度備えているのも魅力です。
ゆでても歯ごたえが残るのが魅力です。
小松菜にはコレステロール値を下げる作用があります。
まずは、種まきの時期は、3月中旬~10月下旬、収穫は、6月~11月です。11月まで収穫できるのはとってもいいです。
用意するものは、小松菜の種、野菜用培養土、野菜用肥料、プランター10Lです。

植え付け

  1. プランターの底穴に底網を式、底がみえなくなる程度に鉢底石を入れたらプランター9分目まで用土を入れます。
  2. 列と列の間(条間)を15cm程度あけて溝を2本つくり、たねを1cm間隔にまきます。
  3. 土を薄くかけ、手のひらで押さえじょうろで水をそこから流れ出るまでたっぷり与えます。
  4. 3~4日で発芽しますが、それまで乾燥させないように注意します。よう日の当たる場所で管理します。

間引き

本葉がこみあってきたら3cm間隔にあるように細い苗、価値の悪い苗を間引きします。

追肥

間引き後、一週間ほどしたら条間に肥料を10gほどぱらぱらとまきます。さらに生長を見て、1週間後に同様の追肥を行います。

害虫駆除

春と秋にモンシロチョウの幼虫やカブラハバチの幼虫が発生しやくなるので、見つけたらピンセットで駆除します。

収穫

本葉が6~8枚(葉の長さが20~25cmくらい)になったら根ごと収穫します。

関連記事

コメント

非公開コメント