FC2ブログ
2012/03/29

新生活がはじまると機能性胃腸症が急激に増加する

現代人の4人に1人が機能性胃腸症らしい。緊張感が続く場合、気に病むことがあると胃が痛くなるがストレスと胃腸は密接な関係にある。
春は、温かくなりウキウキもするが、新しい生活がはじまると同時に不安や緊張もありこの機能性胃腸症が増える。

胃腸の不快感の原因は?
機能性胃腸症とは器質的疾患はなく、胃腸など消化器官の運動機能に異常がが起こり、吐き気や胸焼け、食欲不振、便秘や下痢などの症状が起こる病気。

また、食べると戻す、会社や学校に行く前や行く途中にお腹が痛くなったり下痢をする。という症状があらわれる。機能性胃腸症がひどくなると、それまでは機能性の異常だけだったのに、器質性の疾患である、胃腸炎、十二指腸潰瘍などの本当の病気に発展するケースもある。

基本的に機能性胃腸症の原因の大部分がストレス。ごくマレに大きな病気が隠れているケースもあるので、薬などを一定期間服用しても改善しない場合は、内科を受診する。

こうした機能性胃腸症は、他の病気のように遺伝的な要因などは一切ない。現代社会は非常に複雑でストレスを受けやすい環境にあるのは皆同じ。ですから誰にでも起こりうる可能性があるということ。

ストレスの感じ方には個人差があり完璧主義者に特に多く発症することが確認されている。ほどほどのところで納得する習慣をつけることも大切。
がんばることはとても大事だが、がんばりすぎないことが最も重要。また、がんばりすぎたときには、十分な休憩をとること。
悩みはひとりで抱え込まないで人に相談することなどもたいせつ。

春はストレスを受けやすい環境にある。疲れをためすぎないように適度に休みをとりながらの生活が大切。
気分転換などによるストレス発散も適宜行いたい。
関連記事

コメント

非公開コメント