FC2ブログ
2010/11/12

三洋電機の米粒からパンに「ゴパン」発売だが早くも品薄状態

三洋電機は11日、米粒からパンを作る世界初のホームベーカリー(家庭用パン焼き機)「GOPAN(ゴパン)」を発売した。当初は10月8日の予定だったが注文が殺到したため、品切れの恐れがあるとして延期していた。委託先の中国の工場ではフル稼働で生産を急いでいるが、当分の間は品薄状態が続きそう。

 「ビックカメラなんば店」(大阪市中央区)は8月末から約30件の予約注文を受け付けた。しかし、発売初日の入荷はたった2台で、手渡せる商品は展示用を除いて1台だけ。「初日に店頭販売できる商品がないなんて、経験したことがない」と驚く。同店では今後予約しても受け渡しは年明け以降になるという。三洋電機によると7月13日の発表以降、予約は約1万件以上に上っており、「大ヒット商品になるのでは」と期待する。
ヤフーニュースより引用

楽天のショップでも売り切れ店が結構出ている。
こういうヒット商品が不況脱出のきっかけとなりそうだけれど、どうなんだろう?
いつの時代のどんな状況下でもちゃんと支持される商品は売れている。
不況のせいにして売れないとぼやくのは本来経営努力をしていないことになるのかもしれない。



関連記事

コメント

非公開コメント