FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/19

腎臓のろ過機能改善〔ナタマメ茶〕

ナタマメ茶に含まれる「コンカナバリンA」が腎臓の“ろ過機能”を復活させてくれます。ナタマメそのものは生で食べるのに適さないので、お茶などの加工食品で取り入れましょう。



ポリフェノールたっぷり!腎臓を元気するお茶
「ナタマメ」は温暖な地方でのみ育つマメ科の植物です。良質の蛋白質や食物繊維、鉄分、ビタミンそして抗酸化作用を持つポリフェノールなどを豊富に含んでいます。

腎臓のろ過機能を回復するナタマメの「コンカナバリンA]
私たちの体内で発生した老廃物や毒素は、腎臓で“ろ過”されて尿として排出されます。ですが肉類などに代表される「酸性食品」を摂りすぎると、腎臓の働きが衰え、血液に毒素が残ってしまうことも。その結果、だるい、記憶力が低下する、体がむくむといった悪影響が生じてしまいます。
腎臓の機能はいったん失われると、完全にもとに戻らないといわれていましたが最近の研究によるとナタマメに含まれる蛋白質「コンカナバリンA」という物質に腎臓のろ過機能を修復する働きが発見されたのです。実際に慢性腎不全患者にナタマメ茶を3ヶ月飲み続けてもらったところ、症状が改善された例もあるそうです。

腎臓がしっかり機能すれば若ぼけは改善される
腎臓の機能が弱まると尿素が体に残されて再び血管に戻って脳へたどりつき、脳の神経をぼろぼろにして若ぼけを誘発してしまいます。腎臓のパワーを強化して尿の排出を助けてくれるコンカナバリンAのほかにもナタマメに含まれる「カナパニン」というアミノ酸や「ウレアーゼ」という酵素による働きによって以下のような効果が期待できるようです。
・腎臓機能の改善
・利尿作用の促進
・抗炎症作用
・むくみ、関節痛の緩和
・体内で発生する悪性細胞の増殖防止
ところで体にいい栄養素をたくさん持つナタマメにも、ほかの豆類と同様に若干毒性があるため生で食べるには適しません。
ナタマメに含まれるコンカナバリンAなどの蛋白質熱に強いのでナタマメ茶として飲めば効率がよいでしょう。





なたまめ茶



ナタマメ茶の商品概要
商品説明
「刀豆茶(なたまめ茶) 3g×28包」は、ナタマメにハブ茶、杜仲葉、ドクダミ、黒豆をブレンドした健康茶です。大きなサヤの形が鉈に似ていることから名付けられたナタマメの熟成豆を使用しています。とても飲みやすく仕上げましたので、日常のお茶としてご利用ください。ナタマメ茶は良質のミネラル、たんぱく質、アミノ酸、食物繊維、ポリフェノール、鉄分などが含まれています。
  • 滋養豊かな豆で、いらないものは出す!
  • カルシウム、鉄など栄養たっぷり!
  • 「なたまめ」は中国は明の時代の薬学書にその名が記されるほど、由緒ある滋養豊かな豆だとされています。日本には、約400年前の江戸時代に伝わり、若さやは漬物に、完熟した豆は薬などにも用いられてきました。また、身体の健康が気になる方には「スッキリさせてくれる」と評判。その秘密は『カナバニン』という「なたまめ」の成分にあります。「なたまめ茶」は『カナバニン』を習慣的に取り入れられるよう香ばしく飲みやすい味に仕上げており、無理のない健康法としてまさにうってつけです。

京都やまちやのなたまめは、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル成分がたっぷりと含まれています。生命力が強く、太陽と大地の恵みを豊潤に受けたなたまめを、身体に取り入れやすい健康茶に仕上げました。
最近は、歯周病予防にナタマメが有効だと言われています。
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。