2016/04/23

血糖値を下げる 皮ごと発酵たまねぎ「たまねぎ物語」のケルセチンの効果と口コミと使用感

糖尿病の特効食品の代表の食材として代表的なのは、ごく身近にある玉ネギです。特に最近、玉ネギのポリフェノールの一種である、ケルセチンの血糖改善作用がに注目が集まっています。
もともと、ケルセチンが毛細血管の血液の流れをサラサラにするとは、以前からよく知られていました。加えて最近報告されたのがケルセチンには血管を若返らせる効能があるということです。

大学の調査では、玉ネギエキスを1ヶ月間摂取した後、実験参加者の血管内皮(内側) の機能が回復。血管年齢が10~20歳も若返ったことが確認されています。

そんなタマネギを実際に使用してみての効果や使用感です。
2016/04/23

発酵たまねぎ「たまねぎ物語」の口コミ 高血圧と中性脂肪の両方が改善

アレルギー体質のように、玉ネギを食べると気分が悪くなるのです。せっかく血液をさらさらにして血液の循環をよくするという効能は知っていただけに、ずっとくやしい思いでした。
でも、知人 に教えてもらった皮ごと発酵玉ネギを飲んでみると、そんな不快症状は不思議にありませんでした。

むしろ、朝の目覚めがスッキリして、便通が「残らず出た」とわかるほどスッキリ。自然に3.5キロやせてお腹がへこみ、足の運びもぐんと軽快です。
50代から薬を飲んでいる高血圧も、皮ごと発酵玉ネギを飲んで以降、上160mmHgが130mmHg、下は、一100mmHgが76mmHgと良好です。中性脂肪も半減して正常範囲となり、濃い血液が薄まって、循環がよくなつてきたことを痛感。
皮ごと発酵玉ネギは私の元気を支える一番の秘訣で、外食先にも必ず持参しております。
ケルセチン豊富な皮ごと発酵たまねぎ「たまねぎ物語」はこちら。
2016/04/23

発酵たまねぎ「たまねぎ物語」の口コミ 6キロ痩せて体脂肪が8.5パーセント減る

人間ドックで糖尿病が判明した当時、血糖値はまだ125mm/dlでしたが、うっかり食べ過ぎて体重も増えるうちに状況は悪化。血糖値165mm/dlまで上昇してしまいました。
困り果てていた時に友人がすすめてくれたのが、皮ごと発酵玉ネギでした。その頃、私の体重は68キロ、体脂肪率は28.5パーセントありました。
するとまず、皮ごと発酵玉ネギを飲みはじめて1週間後には、体重66キロ、体脂肪率25.4パーセント に減少。これだけでも驚いたのですが、さらに1ヶ月後には体重62キロ・体脂肪率11.8パーセント までやせていたのです。

この頃には腹周りのサイズも6センチ減っていかにも体が絞れていました。さらに気がつくと、のどの渇きや体のだるさも解消しています。
もしかして?と思った私は、病院を訪れて血液検査をしてもらいました。すると予想のとおりに、上昇する一方だった血糖値が正常範囲に落ち着いていることがわかったのです。肥満と糖尿病からの脱出をダブルで実感できて、皮ごと発酵玉ネギには本当に感謝のひとことです。
ケルセチン豊富な皮ごと発酵たまねぎ「たまねぎ物語」はこちら。
2016/04/21

発酵たまねぎ「たまねぎ物語」の口コミ 上昇するばかりの血糖値が下がった

甘いものを手離さず、酒を好きなだけ飲む。そんな生活のツケがたまって、3年前に血糖値が400mm/dlと告げられました。以来、甘味とお酒を控え、運動をしても血糖値は上昇の一途。血糖値がなかなか下がりません。薬を増やしても歯止めがかからず、250mm/dlを超えたのです。

そこで、自分の体なのだ、自分で快復させようと、皮ごと発酵玉ネギをまずは3ヶ月摂取。すると、血糖値がスッと300mm/dl台に下降して、まだ高めとはいえ、これはよい兆候です。

そして半年を迎えた頃、血糖値がついに220mm/dl前後まで到達して、以後もそのレベルで落ち着くようになったのです。良好な検査結果が持続しているため、医師からは薬を減らしてみようと提案がありました。

血糖値が高いと血管がもろくなり、血液が脳や心臓で詰まるとも聞き及んでいます。私もそんな事態を心配していましたが、皮ごと発酵玉ネギのおかげで、安全圏に避難できました。
ケルセチン豊富な皮ごと発酵たまねぎ「たまねぎ物語」はこちら。
2016/04/21

発酵たまねぎ「たまねぎ物語」の口コミ 薬なしで300台のコレステロール値が100台になった

数年前、血糖値が高いのでこのままだと心筋梗塞や脳梗塞で命にかかわる、と病院で警告のように指摘されました。すぐに薬をすすめられましたが、一度頼ると手放せなくなりそうで決心がつきません。

そんなときに出会ったのが皮ごと発酵玉ネギで、初めて飲んだ翌日には、早くも「体に疲れが残っていない!」と実感。そして、3ヶ月後に受けた検査では、投薬寸前だった血糖値がスッキリと正常範囲に戻っていたのです。高血糖と同時に警告されていたコレステロールまでも、300台~150台まで見事に改善。

その後も皮ごと発酵玉ネギを毎日欠かすことはなく、ヘモグロビンA1C。が、当初の6.2から5.5まで順調に下がってきました。気がつけば体重が6キロほども減っているし、疲れ知らずなのも相変わらず。仕事や家事に追われても、体が以前よりも楽になりました。
皮ごと発酵玉ネギを飲んでいるうちに、体にうれしいばかりが続いている! というのが今の私の心境です。

ケルセチン豊富な皮ごと発酵たまねぎ「たまねぎ物語」はこちら。