2015/05/03

暑い日も水炊きのコラーゲンでお肌プルプル

九州博多の鍋といえば鶏の水炊き。家庭科理として親しまれているだけでなく、専門店も多く、博多の味として定着しています。

その由来には江戸時代から伝わる博多の郷土料理という説と、明治時代、西洋料理のコンソメと中国風鶏のスープをアレンジして完成されたという説があります。

博多では水炊きは冬に限らず、新キャベツの出回る春や祇園山笠の夏など、1年を通して食べられます。「博多水炊き」の最大の特徴は、鶏肉や野菜を水から炊くのではなく、鶏ガラや鶏肉をじっくり煮込んで作られたスープで炊くこと。鶏のうまみがしっかり溶け出したスープくがありながら、さっぱりした味わいのおいしさです。味つけは鶏スープのみ。器にとってまずはスープを味わうのが博多流の食べ方。そのあとで、鶏肉や野菜を加え、ポン酢でいただきます。
しめは、おいしさが凝縮したスープで雑炊に。鶏スープは、煮込んで作るときに弱火で煮込むと透明スープに、強火で煮込むと白濁スープになります。
透明スープはすっきりした味わい、白濁スープは濃厚な味わい。ぜひ、両方味わってみたいものです。

白濁スープはどうしても豚骨ラーメンの豚骨をイメージしがちですが、鶏の白濁スープはあっさりしたところに独特のこくがあります。

博多水炊きの「健康力」、とくに注目したいのは、鶏ガラや鶏肉を煮込んだスープと具の骨つき鶏肉の骨や皮に体の若さを保つのに欠かせないコラーゲンがたっぷり含まれていることです

。コラーゲンは体の細胞と細胞のすき間をしっかりくつつけているタンパク質で、体内の全タンパク質の約30% を占めていて、張りのある肌をつくつたり、軟骨の柔軟性を保ったり、血管を丈夫にするといった働きをしています。

食事からとったコラーゲンは、消化・分解され、体内で再合成されますが、そのとき必要なのがビタミンCとタンパク質です。コラーゲンが豊富なのに加え、高タンパクの鶏肉とビタミンCがたっぷりの野菜を同時にとれるのが、博多水炊き最大のメリット。コラーゲンの再合成にパワーを発揮し、美肌づくりや体の老化防止に大いに役立ちます。

ということで冬に活躍した水炊きも夏にもおすすめです。

旨味が違う!鹿児島の希少な自然飼育鶏使用!肉とスープが極旨の博多水炊き

2012/09/28

正しいクレンジングと保湿について

化粧品を使って肌がかえって悪くなることがあるのは、女性には昔から経験的に知られています。バッチテストを行ってからでないととても怖くて使えないという女性も多くなっています。
実際に原因となるのは、含まれている化学成分の刺激などが原因と考えられます。現在でも、化粧品の新聞広告のコピーに「化粧品で肌が悪くなつた方。この化粧品なら大丈夫です」と書いてあったりすることがあります。
それはともかく、肌のトラブルは、化粧品の使い方によってももたらされることがあります。もっとも多いのは、クリームやローションの使いすぎです。クリームやローションは、大量に肌に塗ると、保湿膜でもある皮膚のバリアが破壊されて乾燥肌になることがあります。
乾燥肌を防ごうと思ってせっせとクリームを塗っていることが逆効果になっているケースです。

ちなみに、各種のクリームは皮脂の代用品として使われますが、滑らかにするだけで、保湿効果はほとんどないことがわかっています。肌にトラブルがある人の肌をマイクロスコープで観察すると、多くの場合、肌のバリアが壊れ、毛根の周囲に炎症が見られます。これを改善するには、クリームやクレンジングをやめるのがいちばんです。また、肌のトラブルを避けるためには、帰宅時や就寝時、化粧をしっかり落とすことが非常に重要となります。

正しいクレンジング法」をもう一度見直すことも必要です。
2012/07/09

男でも毛穴トラブルは気になる

代表的な毛穴のトラブルには、
  • 毛穴の開き
  • 黒ずみ
  • たるみ毛穴

などがあります。
毛穴の開きなどの場合には、10 代では男性ホルモンの増加も関係してきますが、主にストレスなどで皮脂が過剰に分泌されることで起こります。
そして、ストレスで分泌が増えた皮脂は粘度が高いので、毛穴の中に詰まりやすく、それが紫外線などによる影響で酸化すると、毛穴の表面が黒くなり黒ずみとなってしまいます。

たるみ毛穴は、皮脂の過剰分泌以外にも、毛穴の周りの組織の衰え( コラーゲンやエラスチンの減少)や、ホルモンバランスの低下など、年齢的な変化も原因で起こります。これが進むと、毛穴は帯状に並んでつながったように見え、さらに目立つようになってしまいます。

これまでは、「美容」というキーワードは女性だけのための情報でしたが、ここ最近は、男性の「美」への思いは女性よりももっとストイックにストレートに増加しています。

毛穴のトラブルをには、第一に皮脂分常を正常にすることが大そして、それに深くているのが、血管の収縮・拡張を自動的にコントしている自律神経がとても重要なポイントになります。

仕事や勉強などで懸命に活動したり、緊張やや不安などを感じると、優位に働くのが、自律神経の交感神経です。
交感神経が働くと、血管が収縮して顔への血流も悪化し、栄養素、酸素といった必須物質がまわらなくなります。
これにより皮膚の代謝が低下し、くすんでしまったり、毛穴が開きっぱなしになってしまいます。
敏感肌や乾燥肌というのもこうしたことが原因のケースがほとんどです。
結局、体の防衛機能が過剰に働き、毛穴が開いてしまっているのです。

交感神経と逆に働く作用が副交感神経ですが、これは、リラックスモードにするための神経です。
この機能が働くと、血行は拡張し、顔に巡る血流も増え、皮膚の過剰分泌が抑制され、バリア機能が正常に機能します。
こうなると、皮膚に必要なコラーゲンやエラスチンなどが正常に生成され、弾力のあるいききとした肌になります。

なかな忙しい毎日の中でリラックスタイムを作ることは、だれもが困難ですが、しっかりとして睡眠、食事などが基本となります。

また、不純物の入っていない、ミネラルウォータベースの化粧水なども肌のストレスを和らげる効果があります。

2012/02/17

湯たんぽの低温やけどに注意

節電やエコを兼ねて湯たんぽを使用する人が増加しているそうだ。ちょっとしたディスクカウンターセンターやホームセンターでも見かけるようになった。
快眠サイトでも湯たんぽの保温効果について紹介されていたりもする。

電気毛布の場合、日頃から汗かきの体質だと目覚めたときに汗をかきすぎってしまったり、異常にだるくなったりとデメリットもある。

そんなときに活躍するのが湯たんぽだが、注意も必要だと専門家は言う。湯たんぽだけでなく、こたつやあんか、なども同様だが、注意するのは、「低温やけど」だそうだ。

湯たんぽやカイロなどの使用が増加するにつれて、低温やけどを負う人も増加している。

低温やけどとは、体温より高い温度から60度以下の熱源に長時間触れて怒るやけどを言う。
熱すぎるものには、反射的に反応するが、適度に温かいこうしたグッズに対しては、気を許してしまう。余計に油断が大敵だという。
低温やけどの場合、熱さや痛みを感じにくいためゆっくりゆっくり進行するのが特徴。

熱さを感じたときには、皮膚の深部まで腫れてしまったり、水ぶくれができてしまうケースが多い。但しこれらは、比較的軽度のやけどで、最悪の場合には、皮下組織が壊れてしまうこともある。

しかも見た目にはそれほでもないために、軽視されがちで、治療までに思いのほか時間を要してしまう場合もある。皮下組織が壊れてしまった場合には、感染を防止するために入院が必要となる。

では、低温やけどの予防と対処法はどのようにしたらいいのだろうか?

低温やけどは、44度で6時間、46度では1時間半、50度であれば3分間以上接触し続けるとやけどを発症する。使い捨てカイロの場合では、必ず衣服の上から貼るようにし、同じ場所に長時間あてないこと。
靴下用のカイロは、靴以外での場所での使用は厳禁。
湯たんぽやアンカなどは、厚手のタオルや専用ケースに入れて使用する。

もし、低温やけどを負ってしまった場合には、水で冷やし受診する。水ぶくれなどを強引につぶすようなことは厳禁。

寒い冬のあたたかグッズを正しい知識で利用したい!

低温やけどしにくい温かグッズ




2012/02/07

ハゲは遺伝するのか?

オヤジがハゲていれば子もハゲ?

髪の毛が薄くなってきたり、抜け毛が増えている人には「ハゲ」という言葉は苦しい。
どんなに悩んだり、苦しんでも抜け毛は減らないのだ。高価な育毛剤なども全く効果がでないことが多い。

髪の毛は、やっぱりたくさんあったほうが若々しくて見た目ももいい。なかなかのダンディーなおじさんでもハゲているとどうしても「残念~」という印象になってしまうは髪の毛の影響力かもしれない?

いやいや人間の評価は中身だ!!と思っていても髪の毛に対する意識は高くなり、発毛剤は大ヒットし、育毛サロンも大流行だそうだ。ドラッグストアーでも高価な育毛剤が「売り切れ」になっていることが多い。

男女ともに髪の毛に対する意識が強くなってきたのはここ最近だ。親から受け継ぎたくない遺伝はまぎれもなく「ハゲ」である。

父親、祖母がハゲだと自分もいつか…と心配になる。男性脱毛症は、遺伝と思われる現象がよく見られる。男性ホルモンは、強い男性ホルモン(ジヒドロテストロン)に変わります。このホルモンは、髪や胸毛である毛母細胞の分裂を促し、毛を増やす。
ところが、円筒部と頭頂部の毛乳頭では、なぜか毛母細胞の分裂を抑制するので、毛の寿命も短くなる。

ハゲそのものの遺伝子はまだ未確認であるが、骨格、皮膚の状態などの因子は、男性も女性も平等に遺伝している。またハゲについては、不規則遺伝子で親がハゲていなくても隔世遺や隔々世で出ることも確認されている。

ハゲになりやすい体質そのものは、ある程度遺伝するが、やはりハゲの最大の原因は、ストレスによる頭皮血流の長期低下である。

亜鉛などの栄養素を十分に補給し、しっかり睡眠などをとるような生活を心がけたい。
高い育毛剤よりも、亜鉛含有食品をたくさん摂取するように心がける方が効果的だ。

亜鉛が多い食品といえば…牡蠣、アーモンド、小麦胚芽などである。亜鉛などのミネラルをしっかり摂取するには、栄養バランスのとれた食事が一番効果的である。

亜鉛は味覚においても大事な役割を担っている

女性もハゲるの?

最近の女性は、社会進出も活発になり、男性と同等レベル、またそれ以上のレベルで仕事をするようになったせいか?女性ホルモンや自律神経のバランスを乱している。
こういったことが背景にあっても女性ホルモンがハゲを抑制してくれるが、更年期などを過ぎると、男性と同様に髪の毛が薄くなってくるケースもある。ホルモンバランスを正常に保つことが大切である。